安心して生活するには定期的なメンテナンスも重要。当社では“家守り”のサービスを多数ご用意しています。

「何か困ったときに相談できる業者さんができてよかった。」というお客様の言葉から、雨漏り、水漏れ、機器の故障といった急を要すること、建物を維持するために行うメンテナンスといったことの、家を守ることの大切さを改めて感じました。

メンテナンスは、リフォームやリノベーションといったものとは違う、困ったときにお役に立つことができる最たるものと考えています。戸建住宅・専有マンションによってもメンテナンスの差はありますが、いくつかの例をご紹介します。

※こちらに記載がないお困りのことも、お気軽にご相談ください。

○ 雨漏り

どんな工事よりも原因特定が難しいのが、“ 雨漏り ” です。「壁にしみが !  と雨漏りを発見しても、その近くの窓が原因というわかりやすいものから、屋根、外壁のひび割れ ( クラック ) 、防水の劣化・ひび割れ・穴あき等、建築当初からの施工不良まで原因は多岐にわたります。雨漏りの原因は目視でわかるものから、目視ではまったくわからないもの、ただの結露という場合もありますので、原因と思われる可能性の高いことから、ひとつずつ検証して修理していきます。現場調査・目視は無償で行います。特に原因特定が難しい場合は、雨漏り診断士が行う水かけテスト ( 有料 ) もございますので、まずはご相談ください。

○ 防水

ベランダ・バルコニー、屋上(陸屋根)の防水は、最低10年位に1度は行うことをおすすめしています。日当たり、立地条件によっては5年位に1度防水層を守るためにトップコートの塗り替えも必要です。雨漏りしてからでは、内部の木部や内装材を傷めたり、場所によっては機器の故障にもつながります。また外装材(サイディング)の目地シールも打替え、増打ちも5~10年位に1度必要です。いずれの場合も必要な時期かどうか劣化状況を見てアドバイスさせていただきます。

○ 外壁・屋根塗装

外壁は外装材のひび割れから雨漏りし予想以上の被害を出すことがあります。そうなる前に10年おきに外壁塗装や屋根(スレート)塗装をしていくことをおすすめしています。足場設置の必要な塗装工事は足場代を考えるとなるべく同時に行うことが望ましいでしょう。また鉄骨の手すりなどは錆びて朽ちてしまっては、手すりの機能を果たしません。鉄骨や板金(屋根)の塗装はできれば5年位で塗ることをおすすめいたします。また建物がだんだん汚れてくると、知らない塗装業者が来て困る、またその業者に頼んだ仕事の精度が低いことや不当な金額を払ったなど様々なトラブルに合うケースもあります。塗装はその建物にあった塗装や材料のご提案、色なども一緒に決めていきます。

○ 設備機器の交換・修理

住宅には様々な設備機器があります。給湯機、エアコンの故障や交換、新設にあたっての電気配線、給水・給湯含めた間取りの設計も行います。またキッチンのレンジフード、ガスコンロ、IHヒーター、浄水器、イレ、洗面器、在来浴室・ユニットバス、各種水栓金具、外部散水栓にいたるあらゆる修理・交換も行っています。

○ 排水管の洗浄、貯水槽・受水槽の清掃

排水管の清掃はマンションでは1~2年に1度、行っているのですが、戸建住宅は行う方が少ないのが現状です。家庭用のキッチンや浴室等の排水管は油や様々なもので汚れています。何十年も排水管の清掃をせずに、ある日突然水が流れなくなり、対処したこともあります。流れていても夏場に臭気が気になるというお声から排水管の清掃をすることがあります。戸建住宅も2~3年に1度は排水管、敷地内の排水の清掃をおすすめします。

またビルや規模の大きい建物にある、貯水槽や受水槽の清掃は水質の衛生上、年に1度は必要と思われます。清掃の際にはポンプや器具の点検も行っていますので、突然の故障であわてない為にも清掃は行いましょう。

※こちらに記載がないお困りのことも、お気軽にご相談ください。